メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース

「MOMO」打ち上げ成功 民間ロケット、日本で初

 令和が始まってすぐの4日、朝日を浴びた1機のロケットが、北海道から宇宙空間に飛び出した。北海道大樹(たいき)町で4日午前5時45分、ベンチャー企業(きぎょう)の小型ロケットが打ち上げに成功した。民間のロケットが宇宙に行くのは、日本では初めてだ。

 打ち上げに成功したのは宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」の小型ロケット「MO(モ)MO(モ)3号機」(全長10メートル、直径50センチ)。4分後に高度113・4キロの宇宙空間に届き、およそ8分半後に計画通り太平洋上に着水した。

 この会社は実業家の堀江貴文(ほりえたかふみ)さん(46)らが2013年に創業した。1号機は17年7月、上昇(じょうしょう)中の通信トラブルで緊急(きんきゅう)停止。2号機は昨年6月、打ち上げ直後に落下、炎上(えんじょう)していた。今回は、まさに「3度目の正直」だった。

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです