メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第74期本因坊戦 第1局 右上隅から競り合い

第74期本因坊決定戦七番勝負の第1局で、第1着を打つ挑戦者の河野臨九段(左)。右は本因坊文裕=岩手県大船渡市の「おおふなぽーと」で2019年5月11日午前9時、手塚耕一郎撮影

 <大和証券>

 <先番・河野臨九段-本因坊文裕>

 岩手県大船渡市の「おおふなぽーと(防災観光交流センター)」で11日開幕した第74期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の第1局。4タイトルを保持する本因坊文裕(もんゆう)(29)=井山裕太九段=に、河野臨九段(38)が初の本因坊位をかけて挑む。

 対局室には文裕、河野の順に入室。午前9時、立会の王銘〓九段が「時間になりました。ニギってください」…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文485文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです