メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

五輪とその時代 1964年 東京 響くつち音、変わる暮らし

京浜東北線が事故で普通となったため、代替輸送のトラックに殺到する通勤者=埼玉・大宮駅前で1962年5月

 「モータリゼーション」「マンション」「東京砂漠」「みゆき族」「根性」--。第18回オリンピック東京大会(10月10~24日)が開かれた1964年にはやった言葉だ。

 64年、東京都の人口は1070万人(2018年・1380万人)で1876(明治9)年以降最多となり、すでに全国(9700万人)の1割を超えていた。

 高度経済成長期のまっただ中で、都心部を中心に、あちらこちらでインフラ建設のつち音が響いていた。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 厚底シューズは禁止されるのか 疑心暗鬼の中ライバル各社が仕掛ける宣戦布告

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです