メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

ヤヌシュ・プルシノフスキ・コンパニャ マズルカの伝統に感謝

ヤヌシュ・プルシノフスキ・コンパニャ

 <楽庫(らっこ)>

 スーパースターではない一人の音楽家の良心と献身が、ポーランド固有の伝統と社会に新たな価値を授けている。少年のショパンを魅了し、農村部でひっそり受け継がれてきたマズルカは、すんでのところで博物館入りを免れ、生きる民衆音楽としてよみがえった。野趣に富むめくるめく農村マズルカは、ときにポリリズム調の3拍子。変則性は言語とダンスステップに由来する。スリリングな演奏と素朴な歌は、まさに感動のうねりだ。

 共産主義政権から解放された1990年代初頭のポーランドには、アメリカ文化のコピーがまん延していたと…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです