メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・見聞読

里見紀子の「至上の愛」ほか

里見紀子

 <楽庫(らっこ)>

 ♪里見紀子の「至上の愛」

 モダンジャズの名盤セレクションで絶対と言っていいほど選ばれるのがジョン・コルトレーンの「至上の愛(ALoveSupreme)」。1964年末に、テナーサックスのコルトレーンがレギュラーバンドと録音(発売65年)。全4楽章のクラシカルな構成でありながら、アフリカやインドなどの民族音楽の影響も強く受け、ジャズの到達点の一つを示したと評価される。その後のフリージャズへつながる萌芽(ほうが)も見られる。ただし、あまりに独創的なうえ、難解で演奏もむずかしく、ほかのジャズスタンダード曲のようにカバーされる機会は極めて少なかった。

 それを日本のジャズバイオリニストの代表格、里見紀子が全パートを演奏した「ALoveSupreme」…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1114文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  4. 吉川友梨さん行方不明から16年 母になった同級生の思い
  5. 恩人 捜しています 借りた飛行機代で帰郷 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです