メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 東京11R・ヴィクトリアマイル (日曜競馬)

 ラッキーライラックがG1の頂点に返り咲く。デビューから3連勝で阪神ジュベナイルFを制したが、昨年のクラシックはアーモンドアイという怪物の前に桜花賞2着、オークス3着、秋華賞9着という結果に終わった。今年初戦に牡馬混合の中山記念を選択。1000メートル通過58秒2という息の入らない流れを2番手で追走し、勝ったウインブライトと首差の2着に粘った。決着時計1分45秒5は過去10年で一番速かった。前走の阪神牝馬Sは前が開かず0秒2差8着。中間の動きを見ると気力、体力とも…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

  5. 新型コロナ 休業要請全解除、北九州以外実施 福岡県・来月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです