メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

沖縄通い40年、「心」作品に 絵本作家・田島征彦さん「やんばるの少年」

絵本「やんばるの少年」を手にする作者の田島さん=兵庫県・淡路島の自宅で2019年3月27日、御園生枝里撮影

 15日に本土復帰から47年になる沖縄県で、米軍のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)近くに暮らす子どもたちを鮮やかに描いた絵本「やんばるの少年」を、兵庫・淡路島在住の画家で絵本作家の田島征彦(ゆきひこ)さん(79)が20日出版する。沖縄に40年以上通い、基地問題に翻弄(ほんろう)される県民の姿を見続けてきた田島さんは「多くの人に絵本を見てもらい、沖縄の人たちの苦しみを理解してほしい」と話す。

 作品の受賞歴も多い田島さんが、地元の神事を見ようと沖縄を初めて訪れたのは1978年。以降、絵本作りのため取材を重ねるうちに、豊かな自然に魅了されると同時に基地問題にも胸を痛めるようになった。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 新型コロナ国内感染者5662人に 新たに511人 神奈川の警官は重篤

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです