メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

沖縄通い40年、「心」作品に 絵本作家・田島征彦さん「やんばるの少年」

絵本「やんばるの少年」を手にする作者の田島さん=兵庫県・淡路島の自宅で2019年3月27日、御園生枝里撮影

 15日に本土復帰から47年になる沖縄県で、米軍のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)近くに暮らす子どもたちを鮮やかに描いた絵本「やんばるの少年」を、兵庫・淡路島在住の画家で絵本作家の田島征彦(ゆきひこ)さん(79)が20日出版する。沖縄に40年以上通い、基地問題に翻弄(ほんろう)される県民の姿を見続けてきた田島さんは「多くの人に絵本を見てもらい、沖縄の人たちの苦しみを理解してほしい」と話す。

 作品の受賞歴も多い田島さんが、地元の神事を見ようと沖縄を初めて訪れたのは1978年。以降、絵本作り…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです