メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

京都・マイノリティー2人がタッグ 多様性尊重へ交流の場作り=高松支局(前社会部)金志尚

車椅子アメフットの体験会後、参加者らと談笑する中村周平さん(中央)と山本アレックス辰馬さん(右)=京都市左京区の市障害者スポーツセンターで、金志尚撮影

 練習中の事故で重度の障害が残り、電動車椅子で生活する元ラガーマン。ジャマイカ人の母を持ち、見た目の違いに直面してきた日本人。「マイノリティー」の男性2人が、「多様性の尊重」を訴える活動を地元・京都で続けている。「いろいろな人がいる環境を当たり前に」。障害の有無や国籍、人種といった属性の異なる他者と出会うきっかけ作りに取り組んでいる。

この記事は有料記事です。

残り2260文字(全文2428文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. 大きな虹 福岡の空に
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も
  5. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです