連載

ちょっと一息・道の駅

毎日新聞デジタルの「ちょっと一息・道の駅」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ちょっと一息・道の駅

あびらD51ステーション 鉄道文化の拠点、貴重な資料 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
現在、町鉄道資料館で保存されている蒸気機関車「D51 320」は、6月中旬に道の駅に移設される=北海道安平町追分白樺で
現在、町鉄道資料館で保存されている蒸気機関車「D51 320」は、6月中旬に道の駅に移設される=北海道安平町追分白樺で

 道の駅「あびらD51ステーション」が先月19日、安平町追分にオープンした。旧追分町と旧早来町の合併で整備計画は一時凍結されたが、25年の歳月を経てようやく実現した。鉄道文化の継承拠点として注目されている。

 追分地区は、かつて旧国鉄最後の蒸気機関車の基地だった。ここの鉄道資料館で保存されていた「D51 320」が道の駅の名前の由来。石炭輸送で活躍し、約275万2000キロを走行した機関車だ。現役引退後、旧国鉄追分機関区の鉄道マンらによる…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集