北方領土

四島交流スタート 日本側第1陣、根室港を出港し国後島へ 専用船にWi-Fi環境整備 /北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大勢の市民に見送られて国後島へ向かうビザなし渡航の日本側第1陣=北海道根室市の根室港で
大勢の市民に見送られて国後島へ向かうビザなし渡航の日本側第1陣=北海道根室市の根室港で

 北方四島交流事業のビザなし渡航で、今年度最初の訪問団となる日本側第1陣(65人)と医療視察団(8人)が10日、国後島へ向け根室市の根室港を出港し、28年目の交流が始まった。交流専用船「えとぴりか」の船内に無料のWi-Fi環境を整備したほか、上陸用の小型船を多少の悪天候でも使えるよう改善した。

 一行は、3泊4日で「豊かな観光資源」をテーマにした意見交換会、家庭訪問、市街地散策などを行い、13日に同港に戻る…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

あわせて読みたい

ニュース特集