メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辞林

頼山陽、気骨感じる書 札幌で企画展 一族の作品も展示 /北海道

 江戸後期の儒学者、頼山陽(らいさんよう)の書画などを紹介する「頼山陽と一族の書展」が小原道城書道美術館(札幌市中央区北2西2)で開かれている。気骨あふれる多くの書を残しており、親族の作品と合わせ約40点を展示している。7月31日まで。

 思想家として有名な頼山陽は、1781年大阪生まれ。「日本外史」の著者として知られ、その尊皇思想は幕末期の武士…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです