メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/6 宮城・加美 チリのパラカヌー

事前合宿調印式で、町から贈られたペンダントを首にかけて差し出すカテリン・ウォラーマンさん(前列左から2人目)らチリのパラ関係者

被災地支援の縁生きる 国体レガシーで町づくり

 同じ被災地を支援した自治体と国として、宮城県加美町は南米チリのパラリンピック選手団の事前合宿に特化したホストタウンに決まった。その裏には、2001年国体のレガシー(遺産)を生かして町づくりを、と考えた町長のリーダーシップがあった。

 「チリパラリンピック委員会が宮城県でキャンプをする意向です」。猛暑まっただ中の昨年8月2日、東京・永田町にある内閣官房の東京五輪・パラリンピック推進本部で、加美町長の猪股洋文さん(67)が担当参事官から告げられた時、地球の反対側の国との交流は動き出した。猪股さんは「遠い国だなあ」と驚いた。

 猪股さんが事前合宿誘致に動き出したのは17年春ごろ。町の誇るスポーツ施設は、国体のために作られた鳴…

この記事は有料記事です。

残り1329文字(全文1663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです