メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第74期本因坊決定戦七番勝負 きょう開幕 両棋士が被災地視察 「復興の足跡」見学、対局に意気込み 大船渡 /岩手

第74期本因坊戦の第1局を前に、大型商業施設「キャッセン大船渡」を見学する本因坊文裕(左)と挑戦者の河野臨九段=岩手県大船渡市で、手塚耕一郎撮影

 囲碁の第74期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社・日本棋院・関西棋院主催、大和証券グループ協賛)で対局する本因坊文裕(もんゆう)(29)=井山裕太九段=と河野臨九段(38)が10日、大船渡市に到着した。対局を翌日に控えた2人は東日本大震災で大きな被害を受けた中心市街地を見て回った。三陸鉄道が車内に碁盤を置いた「囲碁列車」を運行するなど、地元では歓迎ムードが高まった。【三瓶杜萌】

 2人はJR盛駅で歓迎を受けると、対局会場のおおふなぽーと(防災観光交流センター)に移動し、碁盤や照…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文988文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです