メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車

宇都宮から五輪へ ブリッツェン・増田選手が意気込み 選考ポイント現在1位「選手人生懸ける」 /栃木

昨年10月のジャパンカップで海外勢と競り合う増田成幸選手=宇都宮市の市森林公園で

 自転車プロロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」で主将を務める増田成幸選手(35)が、2020年東京五輪の男子ロードレース種目への出場を目指し、国内外のレースに挑んでいる。ブリッツェンは代表選手の輩出を一番の目標に掲げ、「選手人生を懸ける」と意気込む増田選手を全面的にサポート。地域のプロチームから東京五輪に選手を送り込めるか、注目が集まっている。【野田樹】

 増田選手は今季、国内最高峰のロードレースシリーズ「Jプロツアー」に参加せず、日本代表の一員としてアジアのレースを中心に走っている。

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです