メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フランス

ノートルダム大聖堂火災 修復へ募金活動開始 掛川 /静岡

掛川市ステンドグラス美術館に展示されている「円形のバラ窓」(上部の9枚)=静岡県掛川市で

 火災で損傷したフランス・パリのノートルダム大聖堂のステンドグラスの修復に役立ててもらおうと掛川市で10日から、募金活動が始まった。来年3月末までに500万円を集めフランスに届ける。

 事業主体は市ステンドグラス美術館を管理する公益財団法人・市生涯学習振興公社。同美術館の鈴木政昭名誉館長や松井三郎市長らが発起人となり「ノートルダム大聖堂ステンドグラス修復支援の会」を発足。市内外の美術愛好家らに呼び掛け…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです