メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海経済

18年度3県レジャー施設集客 ナガシマリゾート首位、13年連続 前年度比1.3%増1550万人 /愛知

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングは10日、東海3県(愛知、三重、岐阜)にある主要レジャー施設の2018年度の集客実態調査を発表した。ナガシマリゾート(三重県桑名市)が前年度比1・3%増の1550万人と、13年連続で首位。屋内アイススケートリンクの20年ぶりの再開などが寄与した。

 調査は4月に実施。2位は刈谷ハイウェイオアシス(愛知県刈谷市)、3位は中部空港(愛知県常滑市)だった。前年度と比較できる74施設のうち、34施設が増加、2施設が維持、38施設が減少。減少は夏の猛暑や台風などが影響したという。

 増加率が最も高かったのは、前年度に休館期間を設けて18年3月にリニューアルオープンした「岐阜かかみ…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. 全国高校ラグビー 県予選 日川圧勝、12トライ 笛吹、東海大甲府とともに4強 /山梨

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです