メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海経済

「とろみ」自販機、設置広がる 愛知・三重の2社開発、飲む力衰えた高齢者に最適 病院や介護施設で好評 /愛知

大府市役所内に設置された「とろみボタン」付きの自動販売機。コーヒーは1杯ごとに豆からひいている=愛知県大府市役所で

 コーヒーや緑茶などの飲料に「とろみ」を付けて提供するカップ式自動販売機の設置が広がっている。開発したのは、食品メーカーのニュートリー(三重県四日市市)と、自販機運営会社のアペックス(愛知県大府市)。飲み込む力が衰えた高齢者でも飲みやすく、昨秋の商品化以降、病院や介護施設などで導入が相次いでいる。【町田結子】

 飲料は3種のコーヒーのほか、緑茶や抹茶ラテなど6品で、とろみの「有」「無」を選択できる。とろみの濃…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです