メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

服を売らない洋品店 カフェ「フジタニ洋品店」店主 吉井佳弥子さん(63)=大津市 /滋賀

いっせん焼きを焼く吉井佳弥子さん=大津市中央4のフジタニ洋品店で、成松秋穂撮影

 京阪島ノ関駅近くの住宅街に昨年11月オープンしたカフェ「フジタニ洋品店」(大津市中央4)が「服を売らない洋品店」として話題だ。提供するのは食材にこだわった「いっせん焼き」やカフェメニュー。店を切り盛りするのは、かつて同じ場所で洋品店を営んでいた女性のめい、吉井佳弥子さん(63)。近くにある市立中央小の通学路に面し、近隣住民からは新たな「見守りの目」として歓迎する声も上がっている。カフェ経営への思いを聞いた。【成松秋穂】

 ◆どうして「フジタニ洋品店」を開こうと思ったのですか。

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです