メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外吉本興業、宮迫さんとの契約解消
京都観察いま・むかし

八木先生の覚え書き/67 今も生きる?「松陰」思想 御苑・蛤御門で考える /京都

 天皇の代替わりに起因するという10連休、本質的に意味不明の長期休暇を、読者の皆様はどのように過ごされたでしょうか。洛中の、そのまた中心に居住する筆者は市中のすさまじいばかりの“観光公害”を避けてひたすら自宅に隠遁(いんとん)しておりました。

 中国の古語に「小人閑居為不善」(小人閑居して不善をなす)があります。筆者も小人(つまらぬ人間)のひとりではありますが、閑居・隠遁して“不善”をなしていたわけではありません。では、何をしていたか。悪く言えば妄想を、やや取り澄まして言えば、思考実験を繰り返していたのです、主に歴史について。

 歴史転換期のあれこれの出来事について客観的な史実とは異なる「もしも」の仮説をたてることは歴史家にと…

この記事は有料記事です。

残り2318文字(全文2633文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです