メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個展

全身全霊、左手の書 右半身不随・和多田さん、豊岡で /兵庫

3回目の個展を開いた右半身不随の書家、和多田尚司さん。リハビリの結果、手でバランスを取って、つえ無しで歩けるようになった=兵庫県豊岡市日高町栗栖野の道の駅「神鍋高原」で、村瀬達男撮影

 脳内出血で右半身不随と言語障害の後遺症を負った豊岡市日高町栗栖野の書家、和多田尚司(たかし)さん(47)の個展が10日、近くの道の駅神鍋高原で始まった。個展は5年ぶり3回目。利き手でない左手で全身全霊を込めて書いた大小の作品75点が、見る人に感動を与えている。18日まで。無料。【村瀬達男】

 和多田さんは建設会社の現場監督だった1999年8月、27歳の時、自宅で就寝中に脳内出血に襲われた。生死の境をさまよい、1カ月後、意識が戻ったが、後遺症が残った。

 母延子さん(70)が「趣味を作り、前向きになってほしい」と、リハビリを兼ねて書道を勧め、和多田さん…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文610文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです