メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

姫路市指定重要有形文化財

学校所蔵本 「三ツ山大祭」詳細に記録 琴丘高 /兵庫

兵庫県姫路市指定重要有形文化財に指定された史料に見入る生徒ら=同市今宿の市立琴丘高校で、幸長由子撮影

 姫路市立琴丘高校(宇那木隆司校長)所蔵の書籍が、市指定重要有形文化財となった。同市の播磨国総社で20年ごとに催される「三ツ山大祭」を詳細に記録した「播磨国惣社臨時大祭礼見聞録」3冊で、江戸時代の祭りの様子を詳細に記録した唯一の史料とされる。市教委によると、学校所蔵の本が文化財指定されるのは市内で初めてで、生徒・保護者を対象に記念の特別展示が同校であった。

 大祭は、神社近くに三つの大きな山をしつらえ、全国から神々を招いて国の平安を願う。江戸時代には、城下…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  5. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです