メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

幼保無償化法成立 子育て支援、見切り発車 待機児童後回し/高所得者優遇

順番に給食を取る子どもら=東京都中野区内の認可保育所で2019年5月8日、堀井恵里子撮影

 改正子ども・子育て支援法の成立を受け、10月から幼児教育・保育が無償化される。政府は「社会保障を全世代型に転換するための重要な一歩」(安倍晋三首相)と位置づけ、消費増税による増収分を集中的に投入する方針だ。子育て世帯にとっては負担軽減になるものの、保育の質の担保という課題を抱え、待機児童も解消されない中、無償化が先行することになる。

 「幼保無償化は、預け先のない方にとっては何の意味もない。待機児童をゼロにすることを優先すべきだ」。…

この記事は有料記事です。

残り2458文字(全文2676文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです