メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院議員歳費

与野党、攻防 夏の改選見据え

参院歳費削減法案を巡る主要各党のスタンス

 参院定数が6増えたことに伴い、参院議員歳費を削減する国会議員歳費法改正案を巡る与野党の駆け引きが活発化している。7月から3年間の期限付きで1人当たり月額7万7000円削減する与党の改正案が野党の反発で審議入りできない中、国民民主党が10日の参院与野党幹事長会談で歳費の自主返納を新たに提案した。夏の参院選前に決着を図りたい与党は前向きな姿勢を示したが、他の野党も含め、足並みがそろうかは不透明だ。【佐藤慶、野間口陽】

 「自公の立場も分からなくはないので、少なくとも自主返納だ」。国民の榛葉賀津也参院幹事長は会談で自主返納案を提示、与党に歩み寄る姿勢を見せた。

 これに対し自民党の岡田直樹参院幹事長代行は「できるだけ多くの議員の返納に向けて各会派が努力するなら、歩み寄る余地がある」と述べ、自主返納案に柔軟な姿勢を示した。岡田氏は紙の資料を減らすペーパーレス化や参院選経費の節減を検討することも併せて提案。与野党各会派は15日に再度協議することになった。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです