メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

ゲノム食品の表示

村中俊哉氏

 遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集技術」を使った食品の流通が今年中に始まりそうだ。国は遺伝子組み換えには当たらないゲノム編集食品について、届け出だけすれば流通を認める方針だが、消費者団体からは安全性への不安の声も上がっている。消費者が安心して購入できるよう、どこまで表示して知らせるべきなのか。

義務化は参入を阻む 村中俊哉 大阪大大学院工学研究科教授

 効率よく遺伝子の狙った場所を切り貼りできるゲノム編集のメリットは、今まで難しかった品種改良を可能にし、人類にとって有用な農作物や水産物が作り出せることだ。

 毒のないジャガイモは一例だ。ジャガイモの芽や皮などには毒素のソラニンやチャコニンが含まれ、食中毒の…

この記事は有料記事です。

残り2593文字(全文2898文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 山頂に沈む満月 令和初の「パール槍ケ岳」
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです