メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

脱炭素化社会へ一抹の不安=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 誰のための脱炭素化か--。農林水産省は4月17日、地球温暖化対策の観点から、「脱炭素化社会に向けた農林水産分野の基本的考え方」を発表した。2050年以降の農山漁村の取り組みの方向性を示すものだ。

 日本の16年度の温室効果ガスの総排出量は、二酸化炭素(CO2)換算で13億700万トン。製造業3億9380万トン▽運輸2億1730万トン▽業務他2億1470万トン▽家庭1億8810万トン--で全体の4分の3以上を占める。農林水産業は5060万トン(全体の3・9%)で、発生源別の内訳は、燃料燃焼によるCO21700万トン、稲作に伴うメタン1390万トン、家畜消化管内発酵に伴うメタン73…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです