メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 おいでよ 福島 新地町海釣り公園 8年ぶり「海を楽しむ」

海釣り公園の再開初日、カレイを釣り上げた釣り客=新地町海釣り公園で

 潮風の吹く岸壁に、釣り糸をたらす太公望の背中が並ぶ。4月、東日本大震災で被災した福島県新地町海釣り公園が8年ぶりに再開した。震災以来少なくなっていた、海を楽しむ機会を取り戻すきっかけに、と関係者は期待する。

 再開初日の4月19日。福島県内外からオープンを待ちわびた釣り客が訪れた。震災以前はほぼ毎週来ていたという吾妻貞男さん(77)は「いろいろな魚が釣れるだけでなく、柵やトイレなどを備えているから安心。再開をずっと待っていた」と話す。あいにくの強風で魚の食いつきは悪かったが、「こういう広々したところにいるだけでも楽しいんだよ」と笑顔だった。

 近くの火力発電所から流れ出る温排水の影響で約40種類の魚が集まる。現在はアイナメやヒラメなどの底魚…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです