メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

公募展審査の基準=外舘和子

第25回日本陶芸展で大賞・桂宮賜杯を受賞した五味謙二氏の作品「shi-tou『シサ』」

 日本は団体展大国であり、公募展大国である。私自身もこの十数年、年に5回以上は様々な審査の場を経験している。近年は、団体展も所属作家による内輪の審査でなく、外部から、しがらみのない学識者も呼んで一緒に審査するようになり、審査の公平性や客観性を担保しようとする傾向があるが、新聞社や自治体などが実施する公募展の多くは、もともと審査員に「関係者」がいないため、ニュートラルな審査環境が作りやすいといえよう。

 しかし、時には落選者や受賞を逃した作家から「結局、審査員の趣味、好みなのでしょう」と、やや恨みがま…

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  3. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです