メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

19年女子W杯フランス大会 若きなでしこ、23人選出 日本代表、初顔17人

フランスパンを手にW杯に向けて意気込む長谷川(前列左から2人目)ら日テレ所属の代表選手たち=川崎市多摩区菅仙谷4のヴェルディグラウンドで2019年5月10日、黒川優撮影

 日本サッカー協会は10日、女子ワールドカップ(W杯)フランス大会(6月7日~7月7日)に臨む女子日本代表「なでしこジャパン」のメンバー23人を発表した。平均年齢24歳と若手中心の陣容で、22歳のMF長谷川唯、最年少18歳のFW遠藤純(ともに日テレ)ら17人が初選出された。初優勝した2011年大会の経験者はMF阪口夢穂(日テレ)、DF鮫島彩(INAC神戸)ら5人。高倉麻子監督は「難しい挑戦だが、優勝は目指さない限り手に入れることはできない」と2大会ぶり2度目の世界一を目標に掲げた。【大谷津統一】

この記事は有料記事です。

残り2323文字(全文2573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです