メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スケートボード

日本選手権 根岸、準決勝へ ストリート男子

複雑に湾曲したパーク(手前)と手すりや階段のあるストリート(奥)の2種目のコースが併設されている村上市スケートパーク=新潟県村上市内で2019年5月10日、田原和宏撮影

 2020年東京五輪で初採用されるスケートボードの日本選手権が10日、新潟・村上市スケートパークで開幕した。ストリートは男子予選が行われ、78・0点でトップだった根岸空(トリックスター)ら上位20人が11日の準決勝進出を決めた。2年前の初代王者に輝いた池田大亮(ムラサキスポーツ)は左膝のけがのため欠場した。その他の種目は予選がなく、スノーボードで五輪2大会連続銀メダルを獲得し、スケートボードで東京五輪を目指す平野歩夢(木下グループ)が出場するパーク男子などは11日から始まる。ストリートは街中の手すりや階段を模したコース、パークは複雑に湾曲したくぼ地のようなコースでそれぞれ行われる。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  2. 「アカデミー賞はどうなってるんだ」トランプ氏、韓国作品の受賞に不満

  3. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです