メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待防止

法案審議入り 体罰ダメ、知っていたら 当時の私、相談できず

父に虐待を受けた経験から「『体罰禁止』について子ども自身が知る機会を」と訴える萩原みらいさん=東京都渋谷区で、横田愛撮影

 児童虐待防止対策を強化するための児童福祉法と児童虐待防止法などの改正案が10日、衆院本会議で審議入りした。虐待を受けてきた当事者たちも、審議の行方を注視している。福島大3年の萩原みらいさん(21)は、法案に親による体罰禁止が明記されたことを歓迎しつつ、「何が虐待に当たるのか、子どもが知らないと意味がない。法と当事者をつなぐものが重要」と訴える。

 自営業の両親の間に、4人姉妹の三女として生まれた。父の暴力は、いつもささいなことがきっかけだった。…

この記事は有料記事です。

残り1418文字(全文1642文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです