メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 文字には意味がある 学校外指導で気づき

漢字の意味と成り立ちを学ぶ男児=さいたま市で2019年4月5日、奥山はるな撮影

 日本語指導が必要な外国籍児が増え続ける中、日本語が十分に理解できないまま学習に取り組む子どもの存在にどう向き合えばいいのか。漢字やひらがなに似た文字を、意味を成さない暗号文のように書き連ねていたさいたま市の小学3年の男児(9)は、専門家の支援で文字と意味の結びつきを学びつつある。

 男児はクルド人。トルコに住んでいたが迫害を受け、家族でスイスに亡命。5歳の時に更に日本に逃れた。小学校に入学し、週に2回、日本語指導員から指導を受けた。文字を書くのが好きで「勉強する」と言っては鉛筆を握り、ひらがなやカタカナ、漢字を記した。

 小学2年だった昨秋、男児は市内の日本語教室「あそび舎 てんきりん」にきた。日常会話には支障がないと…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1108文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです