メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 結ぶ文字と意味 会話できてもひらがな読めず

 日本語指導が必要な外国籍児が増え続ける中、日本語が十分に理解できないまま学習に取り組む子どもの存在にどのように気づき、どう向き合えばいいのか。漢字やひらがなに似た文字を、意味を成さない暗号文のように書き連ねていたさいたま市の小学3年の男児(9)は、専門家の支援で文字と意味の結びつきを学びつつある。【奥山はるな】

 男児はクルド人。トルコに住んでいたが迫害を受け、家族でスイスに亡命。5歳の時に更に日本に逃れてきた…

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1130文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  5. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです