メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

宮崎で震度5弱 M6.3 大きな混乱なし

 10日午前8時48分ごろ、宮崎県日向灘を震源とする地震があった。宮崎市と宮崎県都城市で震度5弱を観測したほか、九州の広い範囲で震度4の揺れがあった。気象庁によると、震源の深さは約25キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・3と推定される。

 この地震の前後にも日向灘を震源とする地震が相次ぎ、午前7時43分には宮崎市などで震度3(M5・6)、午前9時7分には宮崎県美郷町で震度3(M4・9)を観測した。いずれの地震でも大きな被害はなかったが、気象庁は今後1週間程度は最大震度5弱の地震が起こる可能性があるとして注意を呼び掛けている。

 震度5弱を観測した地震で、大分市(震度3)では70代の男性が庭の剪定(せんてい)中に約2・5メートルの脚立から落ち、病院に搬送されたが、命に別条はない。宮崎県内で一時小規模な停電も発生したが大きな混乱はなかった。【津島史人、安藤いく子】

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 政権批判の「料理動画」なぜ人気 声高主張より「蒸し鶏」で 「クッキング議員」に聞く

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 韓国、コロナ抗体ほぼ確認できず 3055人検査 集団免疫「不可能」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです