菅官房長官異例訪米 重層的パイプ構築狙う 副大統領と会談 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉官房長官は10日午後(日本時間11日午前)、米ニューヨークの国連本部で日米両国などが主催する拉致問題のシンポジウムに参加し、一連の訪米日程を終えた。危機管理を担う官房長官としては異例の米国訪問を通じ、ペンス副大統領らとの関係構築に努めた。安倍晋三首相が蜜月関係を築いたトランプ大統領だが、貿易問題などでは日本への不満を隠さない。日米間に重層的なパイプを築くことで、米国の攻勢に備えたい考えだ。【ワシントン高橋克哉】

この記事は有料記事です。

残り2208文字(全文2419文字)

あわせて読みたい