メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜で鵜飼開き 観光客ら伝統漁法に歓声

かがり火の明かりが幻想的に川面を照らす「ぎふ長良川鵜飼」=岐阜市で2019年5月11日午後8時42分、兵藤公治撮影

 1300年以上の歴史を持つとされる「ぎふ長良川鵜飼(うかい)」が11日夜、岐阜市で始まり、1080人の観光客らが古式ゆかしい伝統漁法に酔いしれた。

 船首にかがり火をともした鵜舟が暗い川面を進み、鵜匠の巧みな手縄さばきで鵜がアユを捕らえるたびに観覧船から拍手と歓声が上がった。

 昨年は台風などの影響を受け、観覧船の運航中止日数は過去最多の42日に及び、乗船客数は7万6330人と前年の約7割に落ち込んだ。岐阜市は今年の目標乗船客数を11万5000人に設定しPRに努める。

 岐阜県関市の「小瀬(おぜ)鵜飼」もこの日に開幕。ともに10月15日まで実施(ぎふ長良川鵜飼は9月17日は休み)される。【高橋龍介】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  4. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  5. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです