メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バトンが宙に浮いたため 世界リレー男子400失格

男子400メートルリレー予選でバトンの受け渡しに失敗する第3走者の小池祐貴(右)と最終走者の桐生祥秀=日産スタジアムで2019年5月11日、久保玲撮影

 陸上の世界リレー大会が11日、横浜市の日産スタジアムで開幕し、男子400メートルリレー予選で、日本(多田修平、山県亮太、小池祐貴、桐生祥秀)は第3走者の小池から最終走者の桐生へのバトンパスでミスがあり、失格となった。

 競技規則の170条6(a)に「バトンは競技中手でもち運ばなければならない」とある…

この記事は有料記事です。

残り60文字(全文210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. 京都縦貫道沓掛IC付近で土砂崩れ 3台巻き込まれ、2人軽傷

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです