那須どうぶつ王国

世界最小の馬、赤ちゃん公開 /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
母親(左)と並んで歩くファラベラ種の子馬=那須どうぶつ王国提供
母親(左)と並んで歩くファラベラ種の子馬=那須どうぶつ王国提供

 那須町大島の那須どうぶつ王国で、世界最小といわれる馬「ファラベラ種」の子馬が誕生し、11日から一般公開が始まった。5日に生まれた雌で、現在は体長約50センチ、体重約12・3キロ。母馬に寄り添って歩いたり、母乳を飲んだりする愛らしい姿を見せている。

 ファラベラ種は品種改良を経て小型化され、愛玩動物と…

この記事は有料記事です。

残り80文字(全文230文字)

あわせて読みたい

ニュース特集