メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お旅まつり

子供歌舞伎、待ってました 女子小中生が熱演 小松 /石川

見物客の前で子供歌舞伎を披露した役者たち=石川県小松市京町で、日向梓撮影

 華やかな曳山(ひきやま)の舞台で上演される子供歌舞伎で知られる小松市伝統の「お旅まつり」が開かれている。色鮮やかな衣装をまとった小さな役者たちに、見物客からは「よっ、待ってました!」と声援が飛んだ。12日まで。

 お旅まつりは市中心部の菟橋(うはし)神社と本折日吉神社の春季例大祭で、江戸時代に始まった。子供歌舞伎は約250年続いており、曳山を持つ市内8町のうち2町が「当番町」を務め、市内を巡る曳山の上で地元の小中学生による歌舞伎が披露される。役者は原則として女の子のみで、全国的にも珍しいという。

 今年は大文字町と京町が当番を務め、大文字町は生き別れの姉妹が再会し父のあだ討ちに挑む「碁太平記白石…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです