IPCC

「気候危機解決の転機」 ゴア氏がビデオメッセージ /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
元米副大統領のアル・ゴア氏のメッセージを聞く来館者=京都市上京区の京都佛立(ぶつりゅう)ミュージアムで、福富智撮影
元米副大統領のアル・ゴア氏のメッセージを聞く来館者=京都市上京区の京都佛立(ぶつりゅう)ミュージアムで、福富智撮影

 京都市で開かれている国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」総会に関連し、元米副大統領のアル・ゴア氏のビデオメッセージが11日、同市上京区の京都佛立(ぶつりゅう)ミュージアムで上映された。ゴア氏は「気候危機を解決するための戦いにおいて転機を迎えている。私たちは各国政府が行動を起こすよう圧力を強める必要がある」と訴えた。

 メッセージは同ミュージアムを通じ「IPCC第49回総会京都市開催記念シンポジウム」に寄せられたもの。長松清潤館長が昨年末に依頼し、実現した。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文539文字)

あわせて読みたい

注目の特集