メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

住之江区・名村造船所跡地 労働の城、アート拠点に 戦前~戦後、これからも /大阪

屋根と鉄骨だけが残った建造物では野外イベントや物販、飲食スペースとして使われている。両側はドック=大阪市住之江区で、久保玲撮影

 戦前から戦後にかけて造船業で栄えた大阪市住之江区の北加賀屋地区。空き家や倉庫がアトリエやデザインオフィスに改装され、「アートの街」として知られるようになった。中心となる複合芸術施設「クリエイティブセンター大阪」は名村造船所の大阪工場跡を活用。往時の姿をとどめるドックや事務所棟などが2007年、経済産業省の「近代化産業遺産」に認定された。

 「鬼の佐野安、地獄の名村、情け知らずの藤永田」。かつて木津川沿いに並んでいた造船会社を、労働者たち…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです