メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しまねの高校探訪

松江南 佐野史郎ら郷土盛り上げに一役 /島根

俳優の佐野史郎=東京都世田谷区で2018年5月、宮武祐希撮影

 開校1961(昭和36)年と比較的新しいが松江北などと並ぶ進学校で、各方面に人材を輩出している。略称(愛称)は「南高(みなみこう)」、校訓は「質実剛健・創造進取・和敬共栄」。

 芸能分野で筆頭格は俳優の佐野史郎。かつて「冬彦さん」ブームを起こし、個性派として活躍。郷土愛が強くさまざまな地元イベントに登場し、昨年も「小泉八雲朗読のしらべ」に出演。「しらべ」にギタリストとして現れたのがロックバンドBOWWOWの山本恭司。南高時代は佐野とロックを通じた友人だった。

 シンガー・ソングライターの浜田真理子は松江を拠点に全国でコンサートを開く。福島原発事故を考える「ス…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1112文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです