メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国人

/64 「街角に音楽を@香川」代表理事 鹿庭弘百さん /四国

「街角に音楽を@香川」代表理事の鹿庭弘百(かにわひろかず)さん=高松市古新町で、潟見雄大撮影

生の演奏、もっと身近に 鹿庭弘百(かにわ・ひろかず)さん(63)

 音楽の力で地域を盛り上げようと高松市などでさまざまなイベントを手掛ける。「街角に音楽が当たり前にあるような文化を根付かせたい」と、多くの人が音楽に触れ合える機会を提供する。

 東京の大学を卒業し、CM製作会社に就職。その後レコード会社に勤め、音楽イベントなどを手がけてきた。しかし、実家のかばん屋を継いだ兄が1995年に他界。翌年、東京や音楽への未練を残しながら、高松へ戻り経営を引き継ぐことになった。そこで感じたのは、昔と比べ活気のなくなった商店街だった。

 転機は2007年、丸亀町商店街の再開発が進み、商店街の広場を覆うドームが完成すると、以前の活気を取…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです