メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あしなが奨学生

100人超 17年度から3割増 寄付金は減、募金協力呼びかけ /愛媛

寄付を呼びかける高校生たち=松山市湊町5の松山市駅前で、遠藤龍撮影

 病気や災害で親を亡くすなどした子どもの就学援助をする「あしなが育英会」の奨学金を受ける県内の学生数が、2018年度100人を超え、17年度より約3割増加した。返済不要の給付型奨学金を導入したことなどが理由とみられるが、寄付金額は減少しており、育英会は協力を呼びかけている。【遠藤龍】

 あしなが育英会は、親を早くに亡くした高校、大学生ら年間約5000人に奨学金を給付、貸与を行っている。これまでに前身の交通遺児育英会を含め全国で約11万人が奨学金を使って卒業した。

 育英会によると、18年度から給付型奨学金を導入したこともあり、進学希望者が増加。全国の奨学生は45…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです