メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交流会

進学、就職、結婚…AYA世代の白血病患者 葛藤や不安、理解を 20代2人が体験談 福岡で /福岡

 白血病など血液疾患の患者や家族でつくる「リボンの会」は11日、中央区の浜の町病院で交流会を開いた。思春期から若年成人までの「AYA世代」と呼ばれる患者2人が治療の体験などを話し、約40人が聴き入った。【蓬田正志】

 AYA世代は15~39歳を指すことが多く、進学や就職、結婚などが治療時期と重なるため、他世代と異なる壁にぶつかりやすい。

 博多区の映像製作業、蒔田真弓さん(28)は大学時代に自転車で転び、出血が止まらなくなり白血病が発覚…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文627文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです