メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

中国全製品に関税 制裁第4弾準備 交渉は継続

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】米通商代表部(USTR)は10日、トランプ大統領の指示に基づき、中国からの輸入のうち、まだ制裁対象になっていない年3000億ドル(約33兆円)規模の製品に追加関税を課す準備を始めたと発表した。13日に詳細を公表する。米中両政府は9、10両日にワシントンで開いていた閣僚級の通商協議を終え、交渉継続で一致した。ただ、相次ぐ米国の強硬姿勢に中国側は報復を明言するなど反発している。

 米国は昨年7月以降、3回にわたり中国製品に対する追加関税を発動。今月10日には、「制裁第3弾」とし…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです