米国

中国全製品に関税 制裁第4弾準備 交渉は継続

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】米通商代表部(USTR)は10日、トランプ大統領の指示に基づき、中国からの輸入のうち、まだ制裁対象になっていない年3000億ドル(約33兆円)規模の製品に追加関税を課す準備を始めたと発表した。13日に詳細を公表する。米中両政府は9、10両日にワシントンで開いていた閣僚級の通商協議を終え、交渉継続で一致した。ただ、相次ぐ米国の強硬姿勢に中国側は報復を明言するなど反発している。

 米国は昨年7月以降、3回にわたり中国製品に対する追加関税を発動。今月10日には、「制裁第3弾」として昨年9月に10%の追加関税率を課した2000億ドル規模の中国製品について、同税率を25%に引き上げた。3000億ドルの「第4弾」も発動されれば、中国からの全輸入品に追加関税が課されることになる。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文798文字)

あわせて読みたい

注目の特集