メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

アイスホッケー最高峰へ挑戦(その1) 氷上の若武者駆ける

4月にAHLにデビューした平野裕志朗(左)=KDP Studio提供

 屈強な男たちが体をぶつけ合い、鈍い音が響く。当たりが激しく、豪快なほどスタンドは熱狂の渦に吸い込まれる。アイスホッケーが「氷上の格闘技」と言われるゆえんだ。2メートル近い大男に囲まれながら、北米のプロリーグ・ECHLのウィーリング・ネイラーズに所属する平野裕志朗(23)は身長185センチ、体重96キロの体を張り、負けじと戦う。

 4月7日、ネイラーズは敵地の米インディアナ州でシーズン最終戦を戦った。ECHLは、世界最高峰のリー…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです