メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

対立・協調、揺れる米中 みずほ総合研究所・安井明彦氏/野村総合研究所・木内登英氏

みずほ総合研究所欧米調査部長の安井明彦氏

覇権争い長期化 みずほ総合研究所欧米調査部長・安井明彦氏

 米国と中国の対立の深刻さが浮き彫りとなった。背景には経済分野での覇権争いがある。中国を警戒する米国は、知的財産の保護や政府による企業への補助金廃止を求めている。しかし、外国企業からの技術吸収や補助金による産業保護は成長や雇用を支えてきたこともあり、中国側は安易に引き下がれない。譲歩すればトランプ米大統領の脅しに屈した形になりかねない。習近平国家主席の政治基盤を揺るがす可能性もあり、安易な妥協は難しいのだろう。

 一方、トランプ氏も大統領選を控え、通商分野の成果が欲しい。中国の翻意を促そうとさらに圧力を強めるだ…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

  3. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  4. 運命の選考委スタート 第92回選抜高校野球 午後3時からの出場校発表をライブ中継

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです