メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NPT準備委

勧告案、採択できず 核保有国と非保有国対立 米露関係も緊張状態

核拡散防止条約再検討会議に向けた準備委での対立構造

 【ニューヨーク隅俊之】来年の核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向けて国連本部で開かれていた第3回準備委員会は10日、閉幕した。NPT体制強化策などを協議する再検討会議での議論のたたき台となる勧告案をまとめることが主題だったが、核軍縮や核兵器禁止条約などを巡り核保有国側と非核保有国側が対立し、勧告案の採択は見送られた。NPTは来年で発効50年の節目を迎えるが、核軍縮の進展は不透明感を増している。

 サイード議長(マレーシア)は「NPTが核軍縮と核不拡散体制の基礎だと各国は確信している」と強調しつつ、「核軍縮の履行については意見が分かれている」とする議長総括を表明。記者会見で「(核保有国と非核保有国の溝を埋めるのは)非常に難しかった」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1088文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  2. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. NY株、過去最高値を更新 ナスダック、SPも 米新政権の経済対策が後押し

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです