メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

アイスホッケー最高峰へ挑戦(その2止) 夢のNHL、着々と

ECHL「ウィーリング・ネイラーズ」のフォワードとして1年目から結果を残した平野裕志朗=Wheeling Nailers提供

 

 ◆日本のパイオニア目指す23歳

 北米プロアイスホッケーリーグのNHLの3軍に相当するECHL、ネイラーズは、米東部ウェストバージニア州の小さな町ウィーリングを拠点とする。昨秋加入した平野裕志朗(23)にとって、最初の壁は周囲から向けられる「好奇の目」だった。元々、米国でアイスホッケーをプレーするアジア人自体が少なかったことも影響したのだろう。

 「チームメート、コーチ、対戦相手、スタンドのファン。みんながこの日本選手は、どんなことができるのかと、品定めするように一挙手一投足を見てくる。そんな空間の中でプレーすることに緊張もあったし、失敗したらどうしようという不安もなかなか拭えなかった」

この記事は有料記事です。

残り4428文字(全文4726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです