メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
追跡

大阪都構想、住民投票へ 同日選の影、公明転換 強い維新になびく

「大阪都構想」特別区設置後の府と特別区の事務分担イメージ

 今春の大阪府知事・大阪市長のダブル選を含む統一地方選や、衆院大阪12区補選で大阪維新の会の圧勝を目の当たりにした公明党は、衆院選も見据えて選挙後わずか1カ月で大阪都構想の住民投票実施容認にかじを切った。公明以上に反対していた自民党内にも容認論が広がる。ただ実現には、制度案をつくる法定協議会で問題点をどこまで解消できるかが鍵で、2025年の大阪・関西万博開催を控えた時期の都市再編に懸念を示す声も出ている。

 「今回の民意を受けて、より充実した協定書(都構想の制度案)のため、積極的、建設的に改革を進める立場…

この記事は有料記事です。

残り2391文字(全文2645文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. ORICON NEWS ASKA脱退 Chage「とても残念な思い」コメント発表[全文]

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  5. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです